客室乗務員(CA)求人探しガイド

客室乗務員(CA)の転職

客室乗務員(CA)として転職する場合は20代を超えるとなかなか難しいでしょう。その他実務経験や語学力などのスキルなども転職成功を大きく左右しますので、事前にしっかりとした準備が必要です。

マイナビエージェントのような転職サイトに登録しておけば、客室乗務員(CA)の求人案件をいつでもチェックできますし、専任のコンサルタントのアドバイスも受けられるので転職活動におすすめです。

客室乗務員(CA)の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは客室乗務員の求人を数多く扱っている転職エージェントです。マイナビグループによる運営でグループの情報網を活かした求人の提供が大きな魅力です。外資系やLCCなど、採用のエントリー受付をマイナビでもっとも早く行うケースも多く、これらの航空会社への就職・転職を希望する方にとっては外せない選択肢といえます。キャリアコンサルタントのサポートも充実、面接対策のサポートはもちろん、条件交渉の代行など幅広い範囲でサポートを行っているのも魅力です。


DODA 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAはCAにも人気の転職支援サイト。高い転職成功実績、抜群の知名度を持つブランドイメージなどこの分野では突出した存在です。幅広い業種、企業からの求人を扱っているだけでなく、さまざまな分野で豊富な実績を誇る専任アドバイザーがスタンバイ。試験や面接対策など特殊な準備と対策が必要な客室乗務員の転職活動にも適切なアドバイスとサポート体制を用意しています。国内・外資系両方の求人をそろえているのも魅力。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチは求人情報の提供だけでなくヘッドハンティングの仲立ちも行っている転職エージェントです。求人数は約3万5000件、うち非公開求人が2万6000件を占めており、登録しないとチェックできない求人が多数あります。求人を載せている企業も3400社以上。航空会社も国内の大手はもちろん、LCCや外資系など幅広く扱っており、条件や希望に合わせて探していくことができます。キャリアコンサルタントのサポートではキャリアコンサルタントの履歴書の作成や面接対策にも対応しており、適切なアドバイスのもとで準備を行っていくことができるのが魅力です。


客室乗務員(CA)の求人の現状

客室乗務員の求人にはつねにたくさんのエントリーが寄せられます。その意味では活況を呈している現状といえるわけですが、就職・転職を巡る状況は10年前と比べてもかなり変化が見られています。

一度に大量の募集を行う点は変わっていません。ANAやJALといった大手の航空会社なら100人を超える募集を行うのも珍しくありません。それに対して多数の応募が寄せられる点も変わっていませんが、ひと昔前に比べて応募の数は増えているといわれます。つまり倍率が高くなっているのです。その理由はインターネットで求人情報を入手しやすいこと、気軽に応募できることなどが挙げられます。ですから、「ダメでもともと」「ものは試し」とばかりにエントリーするケースも非常に多く、表面上の倍率こそ高くなったものの、実際の難易度はそれほど変わっていないともいえます。倍率の高さに「これじゃ自分は無理だろう」と諦めたりせず働きたい職場がある場合には積極的に応募することが大事なのです。

選択肢が多様化したのも近年の、客室乗務員の求人事情の特徴でしょう。大手の航空会社に加えてLCC、さらに外資系の航空会社からの求人も多くなりました。とくにアジア系の航空会社の進出が積極的になっており、その方面でチャンスが広がっています。こうしたLCCや外資系の航空会社の求人もインターネットで簡単に入手できるので、いかにこまめに情報を入手してチャンスを逃さないかも就職・転職活動におけるポイントとなるのです。

就職先の多様化とも重なりますが、応募条件と採用基準が多様化したのも近年の、客室乗務員の求人事情の全体的な傾向です。かつて客室乗務員といえば20代前半までに就職しないとその後の採用は難しく、転職も30歳くらいまでが限界といわれていました。現在でも応募者は20代前半〜半ばが多いのですが、20代後半〜30代を過ぎて客室乗務員のキャリアをスタートさせ、転職に成功するケースも増えています。ANAが応募資格から年齢制限を撤廃するなどの動きもそれに拍車をかけています。

また採用基準でも外資系やLCCではキャリアよりも語学力や社交性を重視する傾向が強まっています。さらに採用試験ではかなり個性的な問題が出題され、本人の個性を重視して判断されるなど航空会社ごとに独自の基準で選ぶ傾向が強まっているのです。その意味ではチャンスを掴みやすいともいえますし、型どおりの対策と準備だけではアピールするのが難しい状況ともいえます。こうした採用基準の多様化は今後も進んでいくことが予想されますから、しっかりした対策と準備を行っていくための情報収集が重要になってくるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 客室乗務員(CA)求人探しガイド All Rights Reserved.